ロゴ

胆のうがんと遺伝子治療について分かりやすく解説

胆のうがんを知ろう!

診察

胆のうがんはこんな病気

「胆のう」という言葉を聞いたことはありますか?胆のうとは、肝臓、すい臓、十二指腸の近くにあり、一時的に胆汁(脂肪の消化を助ける役割)をためておく臓器のことを言います。胆のうがんが出来ても、本人は気づきにくく、症状が進行してから発見されることが多いと言われています。胆菅がんというのもあり、これは胆のうの通り道の胆管の癌のことです。

胆のうがんの平均発症年齢

この胆のうがんは、日本を含んだアジア地域の高齢女性に多く見られる病気です。平均発症年齢は60代から70代と言われています。また、脂っぽい物を好んだり、野菜をあまり摂取しない、運動もあまりしない方も、胆石ができやすく、胆のうがんになる確率が上がります。

胆石症は胆のうがんを発症しやすい

胆のうがん患者の6割の方が胆石というものを合併しているので、みぞおちが痛かったり、腹痛や発熱、胆石症や胆のう炎という症状がでることが多いです。これが進行していくと、食欲不振や体重が減っていくなどの全身症状に繋がります。

効果的な治療法

胆のうがんが見つかると、まずは手術で取り除けるかを診断し、手術で除去出来れば除去し、出来ない場合は進行を遅らせる為に抗がん剤治療をします。症状を和らげるために、放射線治療なども行います。最近では、がん遺伝子治療という最新医療が、胆のうがんなどへの効果が期待されるものも出てきています。

[PR]

胆のうがんは改善できる★
実例がある!

胆のうがんと遺伝子治療についてのまとめ

ドクター

胆のうがんの初期症状

胆のうがんの初期症状や、胆のうがんについてのご質問にお答えしています。思い当たる方や、不安に感じる方は一度病院で検査してみても良いでしょう。

READ MORE
ウーマン

癌の遺伝子治療

胆のうがんの治療が期待出来る最新医療の「遺伝子治療」について触れていきます。初めてでも分かりやすく説明していきますね。

READ MORE
男女

癌遺伝子治療の方法と治療費

遺伝子治療の方法や治療費をご紹介します。また、胆のうがんになる方の6割が合併して発症するのが胆石症です。この胆石に効く食事をランキング形式で発表しますので、日々の食事の参考にしていただければと思います。

READ MORE
広告募集中